読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未踏作業日誌――余計なもの作るよ!

未踏の作業日誌的なものを書きましょうということで書くことにしました.余計なことばっかりしています.

風邪を引いてしまって休みが潰れてしまった

先々週に道志みちへ行った辺りから喉に違和感があって,調子乗ってたらどんどん扁桃腺がやられていって,ちゃんとした風邪にランクアップしてしまった.バイクのせいだけじゃないと思うけど,休まないと治らないもんだね.

熱が出たのも2~3日前の話で,それまでは扁桃腺が腫れて,鼻炎が続いてるだけだった.パープルショットでなんとか誤魔化してたけど,腫れが気管と鼻のほうへ逃げて悪化してしまった.一番熱が出ている時で38度ぐらいは行った.医者にも行ったけど,解熱剤と痛み止めだけ貰って,ほかは何もなし.つらい.

査読の回答書を投稿した後に本格的になってきた感じなので,おかげさまで特に影響が出ていない.これが,回答書を書いている最中だったら,回答書の内容にも影響が出ていたかもしれない.

バイク乗ったり,グラブルやったりするぐらいは,休憩を挟んでいたけれども,まとまった休みは3~4ヶ月ぶりだったので,実家に帰ったり,箱根に行ったりするつもりだったけど,どうやらそれも潰れてしまったらしい.5月11日にDICOMOのカメラレディの締め切りがあるので,さっさと書き終わらせないといけない.

DICOMOに投稿する奴は,査読中の論文とシリアルに繋がっている.かと言って,その論文は引用できないので,その論文の差分については,謎の関数Xを用意して,DICOMO論文に必要なことは既に知っていて,なおかつ取得もできているという扱いにした.これなら,論文の引用ができなくても,論文を書くことができる.二重投稿になりそうな部分に関しても,知っていることとして回避できる.

 

あとは,DICOMOの論文ではデモ発表があるので,それをどうにかしなきゃならない.頑張って野口賞を取れるようにしたい.野口賞を取れると,DICOMOからDCONへの推薦が可能になるので,投稿戦略的に推薦貰えないと3本通すのが難しくなる.

今のところ2本目の論文を頑張っている最中なので,推薦論文をもらえないと2本目を投稿する先がなくなってしまう問題が出てくる.次のDCCでは3本目を投稿して,DCONへ投稿する流れになっているので,これが崩れてしまうと相当やっかいなことになってしまう.

そういうわけで,同じ場所で水野先生が発表していることもあって,それなりに全力のコンテンツを作らないといけない.水野先生は毎年野口賞を受賞しているので,少なくともこの人を超えるか,せめてもう少し下ぐらいの水準にならないと,受賞は絶望的になってしまうので難しい.

とにかく,今はDICOMOに全力を注ぎたい.邪魔が入ってしまうといろいろとつらいので,何かと終わらせないといけないものがたくさんある.