読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未踏作業日誌――余計なもの作るよ!

未踏の作業日誌的なものを書きましょうということで書くことにしました.余計なことばっかりしています.

青軸買ってしまった

 これな.

 青軸と言えばうるさいのだけれども,よくよく考えると,リアフォの45gのエンターキーもそれほど変わらないような.

打ち心地は,スコスコ感がとても高く,カチャカチャ打っててとても気持ちいい.長文をなんとなく書きたい時は,青軸で打つと楽しいかもしれない.茶軸と比べると荷重は5gほど重いはずなのだけれども,茶軸は打ち始めがふわふわしている一方で,青軸はスコスコ落ちるので思っていたよりも軽く感じる.

茶軸はどちらかと言うと,今までのキーボードとスコスコ感のあるキーボードとのハイブリッドな感じが強く,ホビー感はあまり少ない.青軸はまさしくホビー的で,これを職場に持ち込んだらぶん殴られてもおかしくないんじゃないかなと思うぐらいうるさい.でも,スコスコとキーが落ちる感じがとても心地よくて癖になる.

ただ,打ちやすくてとてもいいのだけれども,Bluetoothの接続が切れやすくて大変困ってる.5分ぐらい離席するとすぐに接続が切れてるので,また接続し直すのがとても面倒くさい.たぶん,Bluetoothアダプタがダメな可能性もなきにしもあらずなので一概には言えないけど,もう少しなんとかならなかったのかなと思う.

 

ちなみに,うるささで言うと,リアフォの45gもエンターキーがうるさいです.30gだとむにむに打てるので速く打ちたい時に向いている.45gはザ・キーボードって感じなので,評価をするのがとても難しい.あまり邪魔で無駄のない洗練されたキーボードなので,悪く言えば個性がない.しかし,その個性のなさが最高なのだ.

茶軸はその無個性に対する反発なんじゃないかなと思う.リアフォにはスコスコ感は無いけれども,茶軸はそこにスコスコ感を足して落ちる感じを表現してる.青軸でさらに顕著になって,よりホビーさが出てきて良いのだと思う.

今のところ黒軸が凄く気になってる.赤軸も良さそうだけれども.なんでそんなキーボードあるんじゃ.